全品送料無料

CBDとアルコールの関係をご紹介

目次

  1. CBDとは
  2. CBDとアルコールは混ぜるとどうなるのか?
  3. 効果と研究
  4. 結論


1.CBDとは?

CBDとは大麻植物に含まれる天然成分です。大麻の成分として有名なTHC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、CBDは精神活性作用はないため、高揚感を引き起こすことはありません。CBDは近年広がりを見せており、オイルだけでなく、カプセルやスプレー、食品など様々な形態で販売されています。



2. CBDとアルコールを混ぜるとどうなるのか?

アルコールには、陽気にさせたり、リラックスさせる効果があることは一般的に知られています。CBDにもリラクゼーションに用いられています。

アルコールとCBDを一緒に摂取すると、これらの効果が増幅され、眠気やなどの症状を引き起こす可能性があります。またCBDとアルコールを混ぜることで、お互いに相互作用し気分や行動に変化が生じると主張する方もいます。

しかし現時点においてはアルコールとCBDを摂取した場合の効果についての研究はほとんどないため、明確に有効であると言い切ることはできません。


3.CBDはアルコールの副作用に対して効果を発揮する可能性がある?

CBDとアルコールを混ぜて摂取する影響について現時点ではあまり知られていません。

しかし、一部の研究では、CBDがアルコールのネガティブな副作用を防ぐ可能性があること示唆しています。以下にいくつかの可能性について紹介します。

CBDとアルコール依存症

一部の研究者は、CBDがアルコール使用障害の治療に役立つ可能性があると主張しています。

最近の研究では、アルコール依存症のラットにCBDを与えてその効果を調べたところ、CBDはアルコールの摂取量を減らし、再発を防ぎ、アルコールの摂取意欲を低下させることがわかりました。人を対象とした研究は限られているものの、中毒性のある行動を抑制するのに役立つことは他のタバコに関する研究等でも示唆されており可能性を示しています。

しかし、この件についてもより多くの研究が必要であると思います。

 

CBDと血中アルコール濃度

血中アルコール濃度とは、血液中のアルコール量の測定値です。血中アルコール濃度が高いと、一般的に運動能力や認知機能の低下が大きくなると言われています。現時点では血中アルコール濃度に対するCBDの効果に関する研究はほとんどありません。

しかし、CBDとアルコールの影響を調べた研究では、CBDをアルコールと一緒に摂取した場合、そうでない場合と比較して血中アルコール濃度が低かったという結果が出ています。


一方で他の研究では、正反対の結果を指摘しています。いくつかの動物実験では、CBDをアルコールと一緒に動物に投与しても血中アルコール濃度は低下しなかったと報告されています。


CBDが人体の血中アルコール濃度にどのような影響を与えるかどうか結論付けるためにはより多くの研究が必要です。

 

4. 最後に

CBDとアルコールを一緒に摂取することは現時点では強くお勧めすることはできません。

いくつかの研究でCBDとアルコールの同時摂取は有効である可能性は示唆されているものの、CBDとアルコールの安全性に関する研究は現時点では少なく、どのような問題が発生するかはわかっていません。

CBDとアルコールを混ぜて摂取する場合は、リスクを最小限に抑えるために少量にとどめて使用するのが良さそうです。


参考文献

 

注意事項

  • 当社が提供するCBDに関する効果・効能・副作用に関する情報は情報提供を目的として記載されています。記載されている科学的研究はCBDの成分に対するものであり、当社が取り扱う製品に対するものではなく、当社が取り扱うCBD製品の効果と直接的な関係はありません。
  • CBD製品は医薬品ではありません。いずれも病気や症状を診断・治療・治すための製品ではありません。
  • 当社が提供する記事・情報は、当社が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成・提供しますが、完全性、正確性等を保証するものではありません。