クーポン「leep20」で20%OFF・送料無料

【摂取方法・保存・タイミング】CBD製品の使い方

CBD製品の種類と摂取方法について

最近、日本でもCBD製品が増えてきています。ブランド、値段、種類などでCBD製品は多様化しており、お客様にとっては選ぶのが難しいかもしれません。

そこでこの記事では、CBD製品を「食べる・飲む」「吸う」といったカテゴリに分け、それぞれの製品でおすすめの使い方を紹介していきます。

ちなみに、CBDは吸引摂取、経口摂取、舌下摂取などがあり、それぞれCBDの成分を体に取り込む吸収率、効果が表れる時間、持続時間などが大きく変わってきます。お客様のニーズに合わせて適切な製品を選ぶようにしましょう。

 

食べる・飲む

CBDオイル

CBDオイルはCBD製品のなかで最もポピュラーなもので、オリーブオイルやココナッツオイルにCBDを溶かして作られています。スポイト付きの小さな瓶容器に詰められて売られることが多いです。

 

CBDペースト

CBDペーストとは、CBDオイルの濃度を大きく上げたもので、粘度が高くドロっとしたCBD製品です。CBDペーストは高用量のCBDを必要とする人(てんかんなど医療目的などでCBDを利用する人)に向けて作られています。

【もっと詳しく】CBDペーストの使い方
CBDペーストの製品一覧

 

吸う

現在準備中です。