クーポン「leep20」で20%OFF・送料無料

おすすめのCBDブランドを紹介

目次
1 Pharmahemp(ファーマヘンプ)
2 CBDfx(シービーディーエフエックス)
3 Endoca(エンドカ)
4 Aztec(アステカ)
5 Hempbaby(ヘンプベイビー)
6 CANNAPRESSO(カンナプレッソ)
7 Medterra(メディテラ)
8 gron(グロン) 

 

Pharmahemp(ファーマヘンプ)

Pharmahemp(ファーマヘンプ)は、ヨーロッパ・スロベニアに拠点を置くCBD企業です。麻を原料にしたボディケア製品を1990年代から提供してきたパイオニアでもあり、ファーマヘンプが製造するCBD製品は世界60カ国以上で展開されています。GMP認証企業でもあり、安全かつ高品質なCBD製品を製造しています。日本でも最も人気のあるブランドの一つです。

 

CBDfx(シービーディーエフエックス)

CBDfx(シービーディーエフエックス)は2014年にアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスで2014年に設立されたCBDブランドです。欧米の大手CBDブランドの一つでForbesなどでも取り上げられています。オイルだけでなく、バームやグミなど人気のある商品を多数開発・販売しています。

Endoca(エンドカ)

Endoca(エンドカ)は2013年にHenry Vincentry(ヘンリー・ヴィンセントリー)がデンマークで創業したCBDブランドです。Endocaは除草剤や農薬を使わずに栽培されたEU認定オーガニック大麻(麻)から製品を生産しています。GMP認証および第三者機関の試験によって確認された高品質のCBD製品を提供しており、Forbesでも紹介されている世界でも有力なCBDブランドです。

 

Aztec(アステカ)

Aztec(アステカ)は2016年からCBD製品の生産を行っているイギリスのロンドンで設立されたCBDブランドです。イギリスで初めてフルスペクトラム製法を導入した企業の一つで、農薬を一切使わないオーガニック製品を提供しています。高濃度リキッドやワックスが人気です。

 

Hempbaby(ヘンプベイビー)

Hempbaby(ヘンプベイビー)はアメリカのフロリダ州に本社を置くCBDブランドです。日本国内では手軽に摂取できるグミが人気商品です。Hempbaby(ヘンプベイビー)社のCBD製品はすべて第三者機関のテストを受けておりそのレポートはホームページ上で公開しています。
 

 

CANNAPRESSO(カンナプレッソ)

Cannapresso社は麻の生産地として有名なアメリカのカリフォルニア州に本社を置き、Keeping young(健康を保つ)をテーマにCBD製品の研究・開発を行っています。不純物や重金属を排除する化学物質のないCO2プロセスで抽出されたCBDを使用し、製造から出荷まで厳正なテストを行っているため、安心安全にご利用いただけます。

 

Medterra(メディテラ)

Medterra(メディテラ)とは、カリフォルニア発のCBDブランドで、オイル(ティンクチャー)、クリーム、カプセル、グミなどのCBD製品を提供しています。自社の生産ラインはもちろん、外部から調達する素材まで管理を徹底した品質が強みです。プロスポーツ選手のアンバサダーも多く、アスリート向けの製品も用意しています。

gron(グロン)

grön(グロン)とは、アメリカのオレゴン州ポートランド発のCBDブランドで、環境や生態系などの持続可能性を徹底的にケアした原料・製法が特徴です。grönはスウェーデン語で「緑」を意味します。

grön創業者でCEOのクリスティーン・スミス氏は北欧へ留学した経験を持ち、環境に配慮した生活に触れました。オレゴンへの想い、そして持続可能な生活のシンプルで美しいメリットに敬意を込めてつけられた社名です。