クーポン「leep20」で20%OFF・送料無料

テルペンとは? なぜCBD製品にテルペンが含まれているのか?

テルペンとは?

テルペンとは、植物の精油成分に含まれる成分です。植物が作り出す化学物質であり香りや味に影響を与えます。

特有の香りや苦みをもち、リラックスをさせる働きや血圧を下げる働きがあります。レモンやオレンジの爽やかな香りもテルペンが生み出しており、香水やアロマテラピーにも利用されています。


大麻の植物は200種類以上のテルペンを生成しており、その中で大量に生成されるのは数十種類ほどと言われています。


テルペンは他のカンナビノール(CBDやCBN等)と同時に摂取することで「アントラージュ効果」という相乗効果を生み出すことで知られており、テルペンの有無を確認することは、CBD製品を購入する際に重要なポイントになります。


テルペンの特徴とは?

テルペンはイソプレン単位 (C5) から構成されており、イソプレン単位の数に応じて、それぞれモノテルペン (C10)、セスキテルペン (C15)、ジテルペン (C20)、セステルテルペン (C25)、トリテルペン (C30)、テトラテルペン (C40) と呼ばれています。


名称

主な特徴

主なテルペンの種類と用途

モノテルペン

一般的にテルペンといえば、モノテルペンのことを指します。イソプレンが2つ結合したものです。芳香性の成分で、バラや柑橘類のような芳香を持ちます。

ゲラニオールやメントール、ピネン、リモネン、カンファー(樟脳)などがあります。

リモネンは、柑橘類に含まれる成分です。接着剤原料などとしても利用されています。

メントールは、爽やかな芳香を持ち、菓子や医薬品に清涼剤として用いられています。

ピネンは、森林浴効果をもたらします。

シネオールはすっきりとした香りと味を持っているため、食品添加物・香料・化粧品に利用されています。

セスキテルペン

イソプレンが3つ結合したものです。非常に種類が多く3000種類以上存在するといわれていますが、香料として重要なものはおよそ20種類です。

エレメン、カジノール、カジネン、ファルネソール、ネロリドール、クローブ、サントニンなどがあります。

ジテルペン

イソプレンが4つ結合したものです。

ゲラニオール、フィトール、アビエチン酸、タキソールがあります。

セスタテルペン(C25)

イソプレンが5つ結合したものです。

主に菌類、地衣類などの植物や昆虫などの動物に含まれています。

ゲラニルファルネソールなどがあります。

トリテルペン(C30)

植物界に100種程度が確認され分布します。キノコ、高麗人参類に含有される成分として生理活性が見出されています。

スクアレン、リモニン、ウルソール酸、スクワレン、ホパン、ベチュリン酸(ベツリン酸)などがあります。

 

 

注意事項

  • 当社が提供するCBDに関する効果・効能・副作用に関する情報は情報提供を目的として記載されています。記載されている科学的研究はCBDの成分に対するものであり、当社が取り扱う製品に対するものではなく、当社が取り扱うCBD製品の効果と直接的な関係はありません。
  • CBD製品は医薬品ではありません。いずれも病気や症状を診断・治療・治すための製品ではありません。
  • 当社が提供する記事・情報は、当社が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成・提供しますが、完全性、正確性等を保証するものではありません。