クーポン「leep20」で20%OFF・送料無料

THC(テトラヒドロカンナビノール)とは?日本での取り扱いは?

THCとは?

THCは大麻に含まれる100以上あるカンナビノイドと呼ばれる天然有効成分の一つでありCBDと並んで非常に有名な成分です。

痛みの軽減、食欲増進、吐き気を抑える等の効果があると言われていますが、大麻の特徴である多幸感を感じる、時間や空間の感覚が変容するなどいわゆる「ハイ」になる向精神作用があります。

日本では、THCが含まれるものは法律的に「大麻」に該当するため大麻取締法により厳しく取り締まられているため、使用及び所持は禁止されています。


CBDとTHCの違いは?

名称

効果

副作用

規制(日本)

CBD(カンナビジオール)

精神活性作用はない。主にリラックス効果がある

重大な副作用は報告されていない。

種または茎から抽出されたものは規制の対象外

THC(テトラヒドロカンナビノール)

精神活性作用がある。多幸感をもたらす。

依存性がある

大麻取締法の規制対象




THCが含まれた製品

海外では、THCが合法な国では店頭やECOサイトでの購入が可能です。国によってはTHCが含まれる医療大麻は医薬品として承認されているものもいくつかあります。日本ではTHC含有製品を利用することはできず、購入することもできません。


医療用途でのTHC含有製品

名称

説明

ナビキシモルス(サティベックス)

GWファーマシューティカルズ社(イギリス)が開発。多発性硬化症患者の症状の緩和に用いられるCBDとTHCを含んだ経口スプレー

ドロナビノール(マリノール)

がん化学療法の吐き気止めやエイズ患者の食欲不振と体重減少に効果がある

ナビロン(セサメット)

エイズ患者の食欲不振と体重減少に効果がある。