クーポン「Spring10」で10%OFF・全品送料無料

CBDオイルにおけるフルスペクトラムとは何か?違法なのか?ブロードスペクトラムやアイソレートとの違いは?

フルスペクトラムとは

CBD製品を調べているとパッケージや商品の説明文に「フルスペクトラム」や「アイソレート」「ブロードスペクトラム」と記載されています。これらの用語はCBD製品を購入する上で重要なポイントになりますが、それぞれの単語の意味・違いがわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では「フルスペクトラム」「ブロードスペクトラム」「アイソレート」の3つの違いについて解説します。

目次

  1. カンナビノイドとは?
  2. フルスペクトラムとは?
  3. アイソレートとは?
  4. ブロードスペクトラムとは?
  5. おすすめのフルスペクトラムCBD製品のご紹介
  6. 最後に

1.カンナビノイドとは?

「フルスペクトラム」、「ブロードスペクトラム」、「アイソレート」は製品に含まれるカンナビノイドの種類の幅を意味しています。カンナビノイドとは、大麻植物から抽出される様々な化学物質の総称です。

CBDもカンナビノイドのひとつで、それ以外にもTHCをはじめとした100種類以上のカンナビノイドが大麻植物には含まれています。CBD製品の中にはCBD以外のカンナビノイドが含まれる製品や、CBD以外のカンナビノイドがすべて取り除かれている製品があります。そして、含まれるカンナビノイドの種類の幅や数によって「フルスペクトラム」か「ブロードスペクトラム」か「アイソレート」かが決められています。

以下にそれぞれの種類の説明とメリット、デメリットを紹介します。


2.フルスペクトラムとは?

フルスペクトラム(Full Spectrum)とは英語で「全範囲」や「全領域」を意味する言葉です。CBD製品におけるフルスペクトラムとは、CBD単独の成分のみを精製したものではなく、大麻に含まれるCBD以外のカンナビノイド成分(CBN、CBG,CBCなど)やカンナビノイド以外の成分(テルペン、ミネラル、脂肪酸、タンパク質、フラボノイドなど)が基本的にはすべて*含まれている製品であり、ヘンプから成分を抽出した段階で製品化したものを指します。

カンナビノイドの抽出法について

良質なCBD製品はヘンプの成熟した茎および種子から「超臨界二酸化炭素抽出法」という安全な方法で、溶剤やアルコールなどを使用することなく低温抽出されているCBDが使われていることが多いです。

「超臨界二酸化炭素抽出法」は加圧した二酸化炭素を使う抽出プロセスのことを指し、有効かつ安全な植物抽出法だといわれています。この方法はCBDのみならず他の食品関係や医薬品関係の成分の抽出にも使われています。

例えばコーヒー豆からカフェインを抽出したり、魚油なら血液をサラサラにする EPA や DHA の抽出、医薬品関係でいえば天然物から薬効成分を抽出したりと、超臨界二酸化炭素抽出は様々な分野で応用されています。

この方法をCBDの抽出にも応用することで、 CBD を安全に引き出せるほか、CBD 以外にも有益なカンナビノイド成分、テルペン成分を抽出することが可能になっています。

フルスペクトラムCBDは違法なのか?

海外ではハイになる精神作用があるTHCという日本では違法になる成分も含めて全てのカンナビノイドが含まれているというのがフルスペクトラムの一般的な定義ですが、日本国内で流通するフルスペクトラムと呼ばれる製品は製造工程においてTHCが取り除かれています。

たまに日本国内でCBDに関する知識の浅い業者の中には「フルスペクトラム=違法」と主張する方もいらっしゃいますが、フルスペクトラムの定義はメーカーやブランド毎にも異なっており日本国内の法律等においても明確に定められてはいませんので、一概に違法ということではありません。

フルスペクトラムと記載された製品が違法なのではなく、THCが含まれている製品が違法です。

アントラージュ効果とは?

フルスペクトラム製品に含まれるカンナビノイド成分やテルペンを始めとする植物成分はそれぞれに相互作用し、CBDやそれぞれのカンナビノイド単体での効果よりも大きな効果をもたらすと言われています。この相乗効果のことをアントラージュ効果と呼びます。

フルスペクトラム製品のメリット

  • アントラージュ効果を期待でき、効果を実感しやすい
  • 同じ理由で、摂取量が少なくて済む
  • CBD以外のカンナビノイドや他の成分の効果も得られる
  • CBD製品特有の味や匂いが残っている

フルスペクトラム製品のデメリット

  • CBD製品特有の味や匂いが残っている
  • アイソレートと比較してやや高価な場合が多い

※ THCは向精神作用があることから日本国内では違法で、国内で流通しているフルスペクトラム製品では取り除かれています。


3.CBDアイソレートとは?

アイソレートとは「分離」「隔離」を意味する言葉です。CBDアイソレートとは、大麻植物から抽出した成分のうちCBD以外のすべての成分を文字通り取り除いた純粋なCBDのみの製品を指します。テルペンやフラボノイドや他の植物成分やCBD以外のカンナビノイドを除去することによって精製されます。CBDアイソレートは一般的にTHCがほとんど含まれていないヘンプから抽出されます。最終製品としてはクリスタルやパウダー、アイソレートと呼ばれる形式で販売されています。


CBDアイソレートのメリット

  • 純粋なCBDであり、安全性が高い
  • 味も匂いもしないので摂取しやすい
  • 様々な用途で柔軟に利用しやすい

CBDアイソレートのデメリット

  • 他のカンナビノイドの効果を享受できない
  • アントラージュ効果がない

4.ブロードスペクトラムとは?

ブロードスペクトラム製品は、フルスペクトラムとアイソレートの中間で、CBD以外のカンナビノイド成分が含まれてる製品です。

フルスペクトラム製品とブロードスペクトラム製品の違いは製造方法と含まれている成分の種類の幅です。フルスペクトラム製品では一般的にCBD以外のすべてのカンナビノイドを含んだ状態で抽出し製品化しますが、ブロードスペクトラム製品はCBDのみを抽出したCBDアイソレートにその他のカンナビノイド成分やテルペンなどの植物成分のうち必要な成分をいくつか後から加えたものを指します。


ブロードスペクトラムのメリット

  • 有効かつ安全な成分のみが含まれている
  • フルスペクトラムほどではないがアントラージュ効果が期待できる

ブロードスペクトラムのデメリット

  • 植物の匂いや味がする可能性がある

5. おすすめのフルスペクトラムCBD製品のご紹介

フルスペクトラムの製品にはどのようなものがあって、何が人気なのか。最後にご紹介させていただきます。

Pharma Hemp(ファーマヘンプ) CBDオイル プレミアムブラック

 

商品名 Pharma Hemp(ファーマヘンプ) CBDオイル プレミアムブラック
内容量 10ml
CBD含有量 660mg/1200mg/2400mg
価格 660mg:9,800円
1200mg:19,800円
2400mg:38,000円
メーカー Pharma Hemp(ファーマヘンプ)
原産国 スロベニア

最初にご紹介させていただくのは、おそらく日本国内で最も人気があるCBDオイルであるPharma Hemp社のCBDオイルです。本製品はフルスペクトラム(THCは取り除かれています)のCBDオイルです。

簡単に摂取できるため、CBDオイルが初めての方にもおすすめです。Pharma HempのオイルはGMP認証の工場で製造されており、第三者機関のテストも受けているため、安全かつ高品質です。
また厳選されたヨーロッパの畑で生産されており100%オーガニックの製品です。

HempBaby CBDグミ 1粒25mg

CBDグミ 50個入り CBD1250mg 25mg/1個 HempBaby 説明 Leep
商品名 HempBaby CBDグミ 1粒25mg
内容量 5粒/25粒/50粒/100粒
CBD含有量 25mg/粒
価格 5粒入り:1680円(1粒336円)
25粒入り:7180円(1粒287円)
50粒入り:9800円(1粒196円)
100粒入り:15800円(1粒158円)
メーカー HempBaby
原産国 アメリカ

日本国内に流通するCBDグミの中で最も高濃度かつコスパ最強でありリピーター続出と圧倒的な人気を誇る HEMP BABY(ヘンプベイビー)のCBDグミ。

実際に食べてみると30分から1時間で頭がぼーとしてくるのでCBDとはこういうものなんだなというのが実感しやすいです。

お試しサイズから大容量までありご自身の用途に応じてお好きなものをお選びいただけます。


6.最後に

今回はフルスペクトラム、アイソレート、ブロードスペクトラムの違いについて説明しました。CBDは人によって摂取すべき量が異なったりすることからフルスペクトラム、アイソレート、ブロードスペクトラムについても人によって相性があるかもしれません。それぞれを試してみて、自分にあったCBD製品を見つけてください。

 

 

注意事項

  • 当社が提供するCBDに関する効果・効能・副作用に関する情報は情報提供を目的として記載されています。記載されている科学的研究はCBDの成分に対するものであり、当社が取り扱う製品に対するものではなく、当社が取り扱うCBD製品の効果と直接的な関係はありません。
  • CBD製品は医薬品ではありません。いずれも病気や症状を診断・治療・治すための製品ではありません。
  • 当社が提供する記事・情報は、当社が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成・提供しますが、完全性、正確性等を保証するものではありません